ハードディスクの基礎知識

外付けハードディスクの必要性と選び方

パソコンを使っていると、ハードディスク(HDD)の容量が足りなくなってきます。
HDDはパソコンの部品の中で最も壊れやすく、長く使用しているとデータを読み込めなくなってしまいます。
そうなる前にHDDのバックアップをとっておくことが重要です。
バックアップには使用中のもののほかに1台HDDが必要ですが、内蔵させるHDDは少々扱いが難しいのと、ノートパソコンにはHDDが1台しか入らないので、外付けのHDDを使ってバックアップを行うと楽です。
またバックアップのほかにも、HDDの増設で容量が増し、多くのファイルを高速で保存することができます。
では、外付けHDDの選び方を説明します。
まず購入予算を決めます。
高すぎるものは手が出ないでしょうし、安いものは容量が足りず、性能もかなり落ちるため、ある程度の予算は確保しましょう。
1万円〜2万円あたりが容量も比較的多くお買い得になっているようです。
聞き慣れないかもしれませんが「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社が日本のHDDの大手メーカーです。
この3社であればほぼ問題ないと思います。
続いて容量、これが値段の大半を決定してると思っていいでしょう。
文章作成など、さほど容量を食わないデータであれば100GBほどで十分でしょう。
逆に、動画などの大容量のファイルを保存、編集するのなら300GB前後は必要になります。
また、外付けハードディスクには付属ソフトが同梱されているので、その内容も考慮したほうが良いでしょう。
最後に、せっかく購入した外付けHDDが接続できない、ということにならないように、パソコンとの接続方法を確認してから購入しましょう。